発がんリスク新指標「MOE」

内閣府の食品安全委員会というところが食品やその商品に含まれる成分の安全性を調査しているらしく、この食品安全委員会が発がん性物質のリスク評価で、「暴露マージン(MOE)」という新たな指標を使い始めたというニュースを見ました!

この調査をしている成分というのは、ドレッシングなど食用油にも含まれていて、体内で発がん性物質に変わる恐れのある「グリシドール脂肪酸エステル」という名前の成分や、ポテトスナック類に含まれる発がん性物質「アクリルアミド」などが対象になっているという…

渡辺舞

「暴露マージン(MOE)」とは一体どんな意味なんだろうか?

まず暴露というのは本来、化学物質などにさらされる事を言う言葉みたいですが、今回の食品の場合には体内に取り込む事を意味しているそうです。

そしてマージンは、毒性を評価する場合には余裕や幅という意味で使われているそうです。

つまり「食品を体内に取り込んだ場合の余裕の幅」という意味になります。

という事はこの指数は、食品を食べさせる動物実験などで影響のなかった量や、影響があっても最少の毒性量を求めたとして、その毒性量と、人々が体内に取り込んでいる化学物質の量がどれ位離れているかの幅を数字で表してるそうです。

この「暴露マージン(MOE)」は健康へのリスクを判断する際の目安という事で、その数値が大きいほど危険度は下がり、リスクも低くなると言います。

逆に、体内に取り込んでいる化学物質の量が、動物実験で悪影響のあった量に近づけば、安全の余裕は無くなり、数値は低くなるという訳です。

最近注目されているのは、食用油に含まれているグリシドール脂肪酸エステルという成分で、グリシドールの暴露マージンは約6900?9100と評価されて注目されています。

このMOEの数値は食品安全委員会や欧州食品安全機関などのHPで掲載されているので、要チェック!

ただ、普段の生活の中、こんな発がんのリスクを背負いながら、色んな食べ物を口にしなければいけないのが現実。特に自分みたいな独身男!外食がほとんど、居酒屋やコンビニのものを毎日食べてるから、そんな成分なんぞ構ってられないでしょう。渡辺舞ちゃんのような可愛くて、きれいで、料理も上手な彼女もいないし!(渡辺舞さんのプロフィールをどうぞーどうぞー)

フジテレビの「無痛」に渡辺舞ちゃんも出演してる。為頼英介のような医者が友達だったら、食べ物をせいで体の不調があればすぐ教えてくれるけど、やはり普段の生活の中に自分で気を付けるしかないだな。

が、やはり早く彼女を見つけること!

自分の理想はー渡辺舞さんです!彼女のような完璧な女性に出逢いたい!そのために、健康で長生きしないと・・・

あぁ~やはり渡辺舞って、テレビの向こう側にしかいなくて、人間では天使なのかい!?

なんじゃこの話!(笑)

ダメだこりゃ!(爆)



Copyright © 今日の終わりにブログ1篇 All right reserved.