御社と貴社の使い分け方

既に社会人になって20年以上経つが、普段当たり前のように使っているビジネス用語でも、正しい使い方とか意味とかわからないで使っている事もあったりする。

よく仕事で使う機会の多い「御社」と「貴社」ってどっちも相手の会社を敬う言葉だけど、どう使い分けるべきか皆さんは知っていますか?

調べてみたところ、話し言葉では「御社」が正解で、書き言葉では「貴社」と使い分けるのが一般的だそうです!

img476445056.jpg

会話で「貴社」を使うと、「帰社」と聞き違えるので、面接や電話応対などで使う場合は「御社」を使い、手紙やメールの場合には、「貴社ますますご清栄の事とお喜び申し上げます」のように、定型文で使われる事が多く、親しい間柄では御社でも間違いではないらいです。

そして今度は自分の会社を指す言葉も不安になってきたんだけど、普通は「弊社」で使っていると思うけど、「当社」って言い方もあるよね?

これも使い分けが何かあるんでしょうか?

やはりこれも話す時が「弊社」で、書く場合には「当社」という使い方が多いみたいで、基本的にはどちらでも問題ないみたいです。

もし詳しい人がいた場合、知らず知らずに間違った使い方になっていないか、失礼な使い方になっていないか、今一度自分の敬語や、普段使っているビジネス用語を確認してみるのもいいかもしれませんね…



Copyright © 今日の終わりにブログ1篇 All right reserved.